温泉で温まった後は!頚椎症の治療で鍼灸に!

頚椎症に悩んでいる人はたくさんいますが、治療自体確立しておらず一度発症したら治りにくい病気です。
動かさないのが一番ですが、日常生活を営むうえで必要最低限は動かさなければなりません。
今回はどのようにすれば痛みが和らげるのか、温泉に入るということをポイントに置きながら紹介します。
また、多田温泉に入るだけでは痛みが緩和しないので、温泉への入り方や入った後の時間の過ごし方などいくつもの注意点を合わせて話します。

頚椎症は温めても大丈夫?

頚椎症は温めてもそこまで問題はありません。
もちろん炎症を引き起こしている最中に幹部を温めるのは痛みが長引くことにつながるのでおすすめしませんが、日常的に頚椎症に悩んでいるのであればそこまで心配せずとも温めることにちゅうちょする必要はありません。
体を温めることによって血行が良くなります。
全身に血液が巡るので筋肉や関節の緊張を解きほぐす効果があります。
また、血液は各器官に酸素や栄養素を運ぶので、それらが行き届かないがために頚椎症になっている可能性がある場合、痛みを緩和することにつながります。
頚椎症について画期的な対策が打ち出せない以上手も足も出ないと考えがちですが、温泉療法が昔からあるため、一定の効果はあると言えます。
温泉への入り方としてはいきなりお湯を体にかけると、首元に必要以上に負担をかけてしまいます。
冬は特に寒さで体が緊張している状態なので、ぬるま湯をかけて体を慣らしてから温泉につかるようにしましょう。

頚椎症で気を付けるべきこととは

頚椎症で気を付けることは痛みがあった場合、鍼灸で痛みを瞬時に抑えるという事です。
痛みを発症した時点で一定時間もがき苦しむことになります。
いつ襲ってくるかわからない以上、起きた時に同対策をとるかが大切になります。
今回上げた方法は一つの緩和療法として認識すべきでしょう。
もちろんすべての人が温泉に自由に入れるとは限りません。
やはり専門医師の了解を得たうえで温泉に入るのをお勧めします。
血圧が高い人だと必要以上に熱いお湯は体に悪影響を及ぼす危険があります。
ずっと入っていなければ許可が下りることもあるので、まずは一度相談することが大切です。
温泉には様々な泉質がありますが、中でも頚椎症に効果的とされているのはラジウム温泉と言われています。
余裕があれば旅行ついでにいろんな温泉にトライしましょう。
病気に立ち向かう勇気があれば知らず知らずのうちに気にならなくなります。
温泉の後に鍼灸治療をするとさらに効果的です。

おススメHP
頚椎症の治療はこまつ鍼灸院へ
HP:https://tenohari.com/

コメントを残す