真性包茎手術を受ける前に必ず相談しよう

基本的にメスを入れる包茎手術となる

真性包茎は亀頭全体に皮が被った状態で、その先端がすぼまっているので自力で剥き出しにはできません。そのまま放っておくと隙間に垢が溜まって炎症を引き起こしたり、痛みを伴うこともあるので、可能な限り早く包茎手術を行う必要があります。
その包茎手術は外科的な処置となるので、必ず事前の相談で具体的なことを確認しなければなりません。内容に同意する必要もあるので、具体的なことを把握しないまま手術を受けるのは不可能です。

包茎手術にはクリニック次第で切らない選択肢もありますが、真性の場合はほぼ必ずメスを入れることになるでしょう。亀頭を覆っている皮は組織が癒着している可能性も高く、切除しないと物理的に難しいからです。

そして後になって思っていた仕上がりとは違うとなっても、切除してしまった組織は元に戻すことができません。したがってリスクなどもしっかり踏まえた上で、納得してから進める必要があります。

費用を安く抑えるために

割合が多い仮性包茎は自分で亀頭を剥き出しにした状態にできるので、包茎手術を受ける場合は審美目的になるため自己診療扱いになります。それに対して真性包茎は放っておくと健康に害を及ぼす危険があるため、保険が適用できます。したがって仮性包茎よりも安く済ませることが可能です。

ただその際に気を付けなければならないのは、真性であっても審美要素を加えた包茎手術が可能だという点です。保険が適用できる範囲はあくまでも最低限のレベルで、傷跡や色の違いなど特に見た目に影響が出るものです。

それを少なく抑えたいのであれば、仮性と同じように審美包茎手術にしなければなりません。そうすると自費診療になるため、仮性との料金に大差は出なくなります。
その違いをはっきりさせるためにも、事前の相談は必須です。保険適用と自費診療のどちらを選んだ方が良いのかの選択を、自分の希望を伝えながら医師と一緒に考えていきましょう。

まとめ

真性包茎はできるだけ早めに治療した方が良いものですが、無策でただ対処すれば良いというわけでもありません。基本的に一度行ってしまうとやり直しが効かないため、自分が納得できない仕上がりだと、将来に響いてくることになるでしょう。

そして複数あるクリニックでは、それぞれ期待できる技術力やサポート体制が異なります。その中から最適な治療を行ってくれるところを見つける意味でも、事前の相談は確実にした方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です