真性包茎手術で包皮を切除するメリット・デメリット

真性包茎を手術するメリット

真性包茎を治すために手術をするメリットはたくさんあります。まず、コンプレックスを解消することができます。真性包茎だと、どうしてもコンプレックスをもってしまうことになり、そのまま放置しておくと、女性と上手くつきあうことが出来ないなどの弊害が出てくるかもしれません。

さっさと切除して、前向きに生きていった方がいいでしょう。心の問題を改善できるという他にも、物理的なメリットもあります。まず性行為が上手くできるようになります。真性の場合は勃起しても皮が剥けませんから、かなり性行為の障害になってしまいます。

また、真性包茎は常に亀頭が皮で包まれており、手で剥こうとしても剥けません。そのため亀頭の周りに垢が大量にまとわりつき、衛生的に非常に問題があります。最悪の場合、その不衛生さから病気などを引き起こしてしまう可能性もあります。はっきり言って真性包茎の場合は、一刻も早く手術を受けて余分な皮を切除し、包茎状態を解消した方がいいです。

真性包茎を手術するデメリット

真性包茎を手術するデメリットは、まずお金がかかるということです。包茎手術には15万円前後くらいのお金がかかるのが普通なので、けっこうな出費になってしまいます。しかし真性包茎の場合は、仮性包茎の包茎手術と違って、保険が適用になる場合がありますから、数万円程度の費用で収まる場合も多く、あまり費用面の心配をする必要はないかもしれません。

それから恥ずかしいというデメリットもあるでしょう。特に若いうちは他人に性器を見せることにとても抵抗感が強いので、包茎手術は受けたいけど、恥ずかしくてなかなか踏み出せないということも多いものです。ただ、真性包茎は放置していても治るものではないですから、さっさと包茎手術を受けてしまった方が賢明です。

たしかにクリニックに行くのは恥ずかしいかもしれませんが、医者はちゃんと守秘義務を守りますから大丈夫です。また、包茎手術は1日で終わるので、ちょっとの我慢で済みます。

まとめ

真性包茎を受けることにはメリット・デメリットの両方がありますが、はっきり言えばメリットの方が大きいですから、なるべく早く包茎手術を受けるのがおすすめです。真性包茎の場合は、保険適用で手術を受けられる場合がありますから、費用がかかるというデメリットはさほど大きくはないでしょう。包茎手術を受ければ、コンプレックスは解消されますし、性器の衛生環境も大幅に向上しますし、亀頭の健全な成育にもプラスになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です