真性包茎手術による陰茎への影響

真性包茎を解消させたい理由とは

真性包茎は包茎の中でも重症度が高く、勃起時・非勃起時を問わずに陰茎が包皮で覆われている状態です。亀頭が空気に触れにくい状態は恥垢を増やし、悪臭や亀頭包皮炎などの発症率を高めるのです。短小の原因にもなることから、女性が最も敬遠するペニスのトラブルでもあります。男性自身も陰茎の見た目が悪くなることで、コンプレックスを抱え続けるケースが少なくありません。仮性包茎は手術しなくてもよいケースが多いですが、真性包茎に関しては早めの手術がおすすめです。

真性包茎手術を受けることで、これらの悩みがすべて解消します。余分な包皮がなくなることで亀頭の圧迫が解消されて、ペニスが全体的に太くなる効果も期待できます。包茎手術を受けたら陰茎のかゆみ・炎症が消えたという人もいるなど、数え切れないほどのメリットがあるのです。

もし包茎手術を受けずに真性包茎を放置しておくと、亀頭と包皮が張り付いて離れなくなるケースもあります。真性包茎は放置しておくほど性生活に影響してくるのです。

真性包茎手術で陰茎がより強くなる

陰茎のコンプレックスの多くは、特に性行為時に実感するはずです。真性包茎は短小や悪臭・勃起不全などを誘発するのです。ED治療薬を使えば勃起力はアップしますが、包皮を被っているので勃起が制限され、十分な硬度とサイズアップの実現が難しくなります。真性包茎が原因の症状を改善するためには、包茎手術を受けるしかありません。

手術後は陰茎のサイズが一回り以上大きくなった、勃起時の硬さが増した、射精までの持続時間が延びた、などの口コミが寄せられています。仮性包茎は大人になるにつれて改善することが多いですが、真性包茎は包茎手術を受けないと改善は難しいです。年齢が若いのに夜の生活が弱い、パートナーを満足させられない、といった方は包茎手術を試してみましょう。

陰茎が強くなれば精神面でもよい影響があり、自信が復活して顔つきが男らしくなる男性もいます。それほど下半身の問題は男性のプライドに直結してくるわけです。

まとめ

仮性包茎と真性包茎では症状の度合いがまったく変わってきます。真性包茎は陰茎にとって大きな問題となりますので、早めに真性包茎手術を受けて対処しましょう。下半身の悩みはさまざまですが、真性包茎はこれらの症状を誘発するのです。陰茎を強くして性生活を変えていくためには、真性包茎から改善させていく必要があります。それにより悪臭や亀頭包皮炎・勃起不全などがまとめて改善することは多いのです。自分はもちろんパートナーのためにも早めの対処をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です